求人情報マニアの自分に合った働き方を探す方法!

( 更新日:2017/10/23)

★公務員専門学校で学ぶことが推奨される理由★

2017年5月31日

公務員専門学校近年、安定した雇用を求めて若い世代は公務員を好む傾向があります。したがって、公務員試験は難易度が増しており、今までより高度な対策が必要となってきました。独学で合格している人もいるようですが、少数派として考えて良いでしょう。ほとんどの合格者は公務員専門学校に通って対策しています。独学のメリットとしては、参考書代しかかからないので経済的負担が軽いことです。でも独学のメリットと言えばこれくらいしかありません。難易度の高い試験なので、ノウハウや実績が豊富な公務員専門学校に通った方が合格できるチャンスは自ずと高くなります。合格すれば安定した職に就けるため学費など十分に取り返すことが可能です。公務員試験は基本的に30歳までの年齢制限が設けられているため、短期合格を見据えて公務員専門学校を利用していきましょう。公務員専門学校は、年間のカリキュラムが細かく組まれており、自分で勉強するより効率的です。毎日授業に出席し、復習を行い、確認点ストなどを受けていけば学習ペースも乱れません。科目によって学習を始める、重視するタイミングが異なってきますが、独学ではこれが分かりません。さらに、自分で学習計画を立て管理していく必要がありますが、これが意外と困難で挫折する大きな要因となります。また、独学で難しいのはモチベーションの維持です。独りで勉強していると気が散ったり、サボってしまったりしまいがちです。学校に通えば、ライバルが真剣に勉強と向きあっています。これが刺激となり、自分も勉強に火がついたという人が多いです。毎日規則正しく自分に厳しく勉強に専念することが性格的に無理だと自覚しているのであれば、なおさら公務員専門学校で勉強することをおすすめします。最後に、公務員専門学校には試験のプロがいます。分からないときはいつでも質問して疑問を解消できるだけでなく、人物試験の対策してもらえます。面接試験は客観的に評価してもらうことで見つかる修正点が多いものです。個人での対策には限界があるので、本気で合格を目指すならやはり公務員専門学校に通うことが推奨されます。

★オススメの公務員専門学校をご紹介!各学校を比較して最適な受験対策★

2015年9月11日

先行きの見えない不安定な世の中において、資格試験に合格して手に職を身につける方が非常に増えてきています。併せて、安定した職業として公務員が再注目されており、大学生の就職先としてや20代の転職先として公務員試験を受験する方が増えています。公務員にはさまざまな職種が存在しており、国家公務員として国の公官庁に勤める仕事から地方公務員として県庁・市役所に勤める仕事や、専門職として裁判所事務官・国税専門官・警察・消防・自衛隊など多岐に渡ります。目指す職種によって、受験する公務員試験の種類も異なっており、受験科目や難易度、競争倍率や配点比率も異なります。いずれの職種にせよ、専門性の高い出題がされることから、受験対策の勉強を半年から2年間ほど行う必要があります。受験対策としては、過去の出題傾向から専用のテキストや問題集を用いて基礎知識・応用知識を覚える必要があります。独学で合格する方もいらっしゃいますが、多くの公務員志望者は専門カリキュラムと合格実績を持った実力派講師が所属している公務員専門学校に通っています。オススメの公務員専門学校として、公務員専門学校比較ランキングでは数多くの学校を詳しくご紹介しています。また、学校選びで知っておきたい選び方のポイントや公務員試験受験のための基礎知識についても情報を公開しています。オススメの公務員専門学校の中からご自身の目標に合った最適な予備校を選んで、公務員となるための第一歩を踏み出しましょう。

求人情報マニアの自分に合った働き方を探す方法!

ページトップへ戻る

管理人情報 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C)求人情報マニアの自分に合った働き方を探す方法! All Rights Reserved.